三十路だけど、出会い系の援交にハマってまたセックスw

三十路だけど、出会い系の援交にハマってまたセックスw

僕は三十路に入っていますので、そろそろ身を固めないといけない時期です。
しかし、相変わらず彼女が出来る気配も無いですし、作ろうと思っていません。
彼女を作る=出会い系を退会ということですからね。。。

一番大きな理由は、援交をまだ止められないことだと思います。
やはり一度あの手軽さを経験すると…難しいですね。

連休もバンバン募集があるので、遊んできちゃいました。。。

援交の魅力にハマり、女の子と会ってきた

三十路だけど、出会い系の援交にハマってまたセックスw

お昼に出会い系にPCMAXにログイン…
自分が狙っている女の子に返信をしつつ、可愛い子の募集を探すために掲示板を物色。

ふと「そういえば、あの子達は募集かけていないかな」と思いお気に入りリストを開く。
お気に入りの近況を教えてくれる便利なツールなんです。

開いてみると…掲示板に募集してるじゃないか‼

ギャルなんですけど、画像を複数登録しているガチ本人なんですね。
で、化粧が濃いめとはいえ可愛いのでいつか1回手合わせ願いたいと思っていたんです。
可愛いので当然倍率も、応募数もそれなりにあるのでお気に入りリストに入れておきタイミングを伺っていました。

お財布の事情もあるけど、この子は一度セックスがしたい!という願望は抑えきれず。。。
受信メール数も2/20だったのでまだ大丈夫だと思い、詳しい条件を聞くためにメールをサクッと送ってました。

もう最近の僕のスマホは出会い系仕様になってますね。
予測変換で大体の文章が出てくるのでパパっと送れています。
(彼女いたら絶対にバレるパターンwww)

条件も許容範囲内だったので、会うことになりました(・∀・)

人気の援交ギャルはルックスもテクニックも凄かった

都内某所駅で待ち合わせ。

割り切りの場合は、向こうが手馴れた場所を指定してくるケースがほとんど。
(では○時に○○でお願いしますという具合)

時間通りに待ち合わせ場所に着くと、写メに似たギャルが待っていた。

うん、応募率高いだけあって可愛い‼

お気に入りに入れてまで追っかけた甲斐がありました。
これまでの援交の中でもレベルが高い。
割り切りだし手馴れている子だけど愛想いいし、可愛いので文句なしです。

彼女が行ったことのあるコスパの良いラブホテルへ移動。

三十路だけど、出会い系の援交にハマってまたセックスw

先渡しなので条件を渡してシャワーを速攻で済ませてセックスしたのですが…

サービスが良すぎる(。・ω・。)

募集をちょいちょいしていたので、経験値はそれなりにあるはず。
それでも、デリヘルのような作業感は皆無でとにかく楽しい。

シャワーも当然とばかりに洗いっこして、軽く手コキで準備体操してくれるし。
イラマチオもOKでバキュームだし。セックスも好きな体位で密着型で感度良好。

ホテルの休憩時間いっぱい過ごして帰って来ました。

デリヘルだったらこんな満足感得られないですよね。
本番Hも出来ないし、せいぜいスッキリしたからいいか、じゃないですか。

ということで、ますます出会い系の援交にハマる気がする三十路の自分です。
それにしても、PCMAXは本当に強いサイトですね。
連休はピュア系も狙って出会いを増やそうと思います!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 出会い系で作ったメル友が、巨乳だった
    大型連休も残り僅かになりましたね。 皆さんは出会い系使って遊んでいますか? 僕は昨日出会い系で募…
  2. すぐやれるサイトを使って超美女と割り切り
    やっぱり昼間は暑いですね。 皆様、暑中お見舞い申し上げます。 3時間前まで昨夜セックスした女の子…
  3. 出会い系で割り切りしてた美人とエッチ
    大手の出会い系サイトであれば、どれでも割り切りの募集をしている女の子を見つけることが出来ます。 当…
  4. AVを見て育った日本男児なら憧れる女の子二人(複数)との3P。 実際3Pやってみたらどういう感じな…
  5. 割り切り、援助希望を上手く値切るコツとは?
    30代に入ってやっと主任に昇進出来た僕は、基本的には金欠です。 ですので、出会い系では基本線として…
  6. 出会い系で僕が援交人妻を探すようになった理由w
    僕は大学生までは風俗童貞でしたが、地方出身の友人に誘われて風俗デビューすると一変。 パチスロ、競馬…
  7. とくと見よ!これが出会い系使ったセフレの作り方だw
    ここ最近は以前よりも可愛い子が圧倒的に増えた事も有り、割り切りを中心に出会い系で遊んでいました。 …
  8. 今日は華金ですね。 本来なら同僚などと飲んで、一週間の疲れを癒すのですが僕は性欲を満たしてきました…
ページ上部へ戻る